Fortune Menu

<鑑定メニュー>

占いメニュー

    • 〜四柱推命〜

    四柱推命は生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量るものである。それぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という。出生時間が不明の場合が多いため、特に日本では時柱を除外し、三柱推命という方法が多く見られるが、四柱推命は年月日時の4つが揃うことが絶対条件とされており、中国の原書には三柱推命はまったく見られない。「4つのうち3つわかれば、多少確度が下がるだけ」というのは、四柱推命の構成を無視した暴論と言える。それぞれの柱に来る十干を天干と言い、十二支を地支と言う。さらに、年柱の天干は年干(年柱天干と言う時もある)、月柱の地支は月支といった呼び方をする。そして日干を中心として、他の天干、地支が日干に対してどのような影響を及ぼしているかを統観し、それをもとに具体的な事象を推察する。8文字の中で一番良い働きをしている5行を割り出し、それを中心に季節を絡めて10年間一括りの運、1年の運、月の運を見ていく占い。



    • 〜算命学〜

    四柱推命を更に詳しくした占いで位相(刑・冲・破・害・七合・方合)をきっちりととり あと四柱推命で言う通変星が10大主星にあたり四柱推命で言う12運が12大従星にあたり 10大主星を主語 12大従星を述語にえて読んでいく。あと年支・月支・日支のなかにあるエネルギーと天干にあるエネルギーを数え、その割合を出して見ていきます。あと日干の六親(家系図みたい)を割り出して見ていきます。あと四柱推命と違い年・月・日で見ます。天中殺(空亡)を大事に読みます。



    • 〜数裏占い〜

    姓名判断と九星気学を合わせて八卦の各数字が持つ持つ意味を駆使して占う。



    • 〜九星気学〜

    九星・気学とは、生まれた年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術。方位の吉凶を知るのに使われることが多い。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。



    • 〜西洋占星術〜

    12星座の各意味と10惑星の各意味と12個のハウスの各意味と惑星同士の角度の意味を関連付けて占う太陽の入っている星座を1ハウスにして観る(ソーラーチャート)月の入っている星座を1ハウスにして観る(ルナーチャート)「その時その時の天体の運行」を元にして出生図のチャートを照らし合わせながら運勢を観る(トランジット法)例えば30歳の時の運勢をみるには自分の出生日のチャートから30日後のチャートと出生日のチャートを重ねて観ていく(プログレス法)



    • 〜数秘術〜

    名前や生年月日を数字やアルファベットに置き換えてアルファベトは、ある表を見て数字化して それらの数字を足したり引いたりした数を単数化してその数字の意味から占う。



    • 〜紫微妙斗数占い〜

    紫微斗数では、12の宮に入るべき星が56個あり、個人の生年月日時のよってその位置は変わってきます。東洋版占星術で生年月日時の配列した命理盤から運勢を読み解く。命式を書く作業が複雑ですがリーディングは西洋占星術より単純で読みやすい。



    • 〜断易〜

    周易と同様にコイン、サイコロ、筮竹などを用いて64卦を作り、卦を構成する6つの爻に12支を割り振り、その12支と占った時の月・日を絡めて判断していく中国の占術。



    • 〜周易〜

    古代中国で生まれた占いで陰と陽を組み合わせた図象を使用して物事の是非や吉凶を占う占術。



    • 〜東洋タロット〜
      (イーチンタロット)

    周易の64卦を絵にしたカード64枚をシャッフルしてタロット同様に占う。



    • 〜タロット占い〜

    大アルカナ22枚(小アルカナより意味が重い) 小アルカナ56枚(ワンド火14枚、ペンタクルス地14枚、ソード風14枚カップ水14枚)でクライアントの問題に応じて並べ方の種類を変えて占う。生年月日の占いで読み取れない事を出してくれる。



    • 〜トートタロット〜

    タロット占いとほぼ同じですが作者クロウリー独自の解釈があり少し厳しめな答えが出ます。



    • 〜ルノルマンカード〜

    フランスのルノルマンさんが作ったカードで主に3カード 9カード 36枚全部使う並べ方がありますが自分を表すカードと占目に合った象徴カードを決めてから他のカードとの意味を取ったりそれぞれのカードをS(主語)V(述語) O(目的語)C(修飾語)でコンビネーションさせて占います。



    • 〜オラクルカード〜

    種類がたくさん出回っており自分に合うのを探すのが大変です。44枚ありシャッフルしてタロット同様占います。タロットと違う点は気軽におみくじ感覚で占うカードです。深く観ようとすると他にマップカードと心理カードと絡めて答えを出します。



    • 〜アストロダイス〜

    「天体」のダイスは10惑星「サイン」のダイスは12星座「ハウス」のダイスは12の数字が描かれており3つのダイスを同時に振り出した目をコンビネーションして占う。10×10×12=1440通りの意味があります。



    • 〜手相〜

    丘(木星丘、土星丘、太陽丘、水星丘、月丘、金星丘、第一火星丘、第二火星丘、太平洋平原、地丘)線の意味を覚え 線がどこの丘に乗っているか、どこの丘まで伸びているかをチェック。線が長いか短いか? 線が濃いか薄いか? 線が曲がっているか直線か?線が切れているか?で意味を割り出す。あと、色々な印(星、島、井型 他) 血色(赤 桃 紫 灰 黒 黄 他)とのコンビネーションで観る。



    • 〜観相(人相)〜

    髪・額・眉・耳・目・鼻・頬・口・顎などが表す意味を覚えて各部位が大きいか小さいか? 長いか短いか?濃いか薄いか?離れているか近いか?凸っているか?か凹んでいるか?血色 ほくろの位置で占う。



    • 〜家相〜

    間取りや部屋ごとに良い方位悪い方位があり それになるべく当てはめる。しかし基本清潔に整理整頓していたら吉です。



    • 〜風水〜

    家相とかぶるところが多い風水は基本的に土地の良し悪しを判断するもの。住もう土地の地脈や地勢、気候などの自然エネルギーをうまく取り入れ運気を上げようとする占い。



    • 〜体相〜

    体つき・姿・形・体形を五行に当てはめたり 各部位が大きい小さい 姿勢が良い悪いなどで観る 後 過去あった人になぞらえて占う フィーリング・直感でみる。



    • 〜姓名判断〜

    名前を天格(家系的運勢)人格(性格や人柄)地格(個人の運勢)総格(総合的運勢)外格(外見や社会運)に分けて各画数を出して画数の表す意味で占う。また画数が表す5行の意味で占う。



    • 〜レイキ〜

    患者の患部に手を当てて治す。患者の患部をイメージして同調・シンクロして遠隔で治す。



    • 〜エネルギーワーク〜
      (遠隔ヒーリング)

    見えたエネルギーを色・数字・言葉に変えてその人に合ったものを教える。その人に合ったエネルギーを流す。



    • 〜宿曜占星術〜

    西洋占星術とほぼ同じ12星座と27宿と11のキーワード命・業・胎・栄・衰・安・危・成・壊・友・親の絡みで相性・運勢を占う



    • 〜ルーン占い〜

    25個の石それぞれに意味・メッセージがあり 正位置・逆位置がありタロットの様に占う北欧の占いです。



    • 〜ダウジング〜

    地図とか色々な盤に振り子をふってなくなった物や天気や方位や西洋占星術的要素を当てる。yes NOで答えれる質問をしていく。



    • 〜水晶占い〜

    水晶玉をスクライングして真ん中に白くぼんやりしたものが見えはじめ→更に見続けると何かしらのイメージとして文字や絵、映像が浮かんで来ます。更にお客様と同調・シンクロしていくと、お客様の潜在してるものが水晶に現れ、それらを具体化して占って行きます。



    • 〜奇問遁甲〜

    24節期や干支から算出される遁甲局数を元にして遁甲盤を作成して◎◎◎になる日時を占います。1080通り(九宮✖️60干支✖️2(陰陽)あります。祐気取り 吉方位を出すのに使います。それぞれの方位がもつ効果(方位作用)は10分野(甲~癸)に別れます。
    【甲】→地位向上・昇進・名声を得る
    【乙】→友好・円満・援助 対人関係の向上
    【丙】→金銭・権力・迫力を得る
    【丁】→頭のキレ・恵・閃きの向上
    【戊】→信頼力・交際・人脈の向上
    【己】→女性らしさ・人気・異性を引き付ける。
    【庚】→健康・長寿・安らぎを得る。
    【辛】→センス・技・信念・内向きの意思力の向上。
    【壬】→勝利・勇気・行動力・自分の力の向上。
    【癸】→締めくくり・定着・固定の向上。



    • 〜夢占い〜

    夢に出てきたものや状況を元に現在の心理状況や近い未来に起こる出来事などを判断する。無意識の領域から意味のあるメッセージを探る。



    • 〜六壬神課〜

    日常生活の中で疑問を持った時、判断に困った時 また、疑問や困った出来事をみたり利いたりした時吉凶のみならず、その方向性を占う。占い思い立った日の「干支」と「占う時」で課式が作成でき、吉凶を予知する事ができます。



    • 〜五行易〜

    八角形のサイコロを二回振り、できた8卦を納甲表を参考に発動している箇所を拾い占目の用神と占った日と月と五行を絡めて読んでいく占い。断易より広く捉えれます。



    • 〜パワーストーン占い〜

    西洋占星術で、その人のエネルギーと、その人のニーズに合う石の組み合わせを導き、その人に合った石を提供します。


  • Last word

    最後に一言


    占いはあくまでもガイドに過ぎません。運命や人生をより良い方向へ向かうには、ご自身の意識や努力が欠かせません。占いで得た道筋をご自身で判断し、行動に移すことで幸せを得ることができると思っています。皆さんの幸せを思い、これからも占いを勉強し続けて生きます。


    ↑ PAGE TOP